腹筋を割るための日常生活意識

私が不動産の営業マンをしながら、腹筋を割ることに成功した実例を記していきます。

効果あり?鍛神HMBの最安値通販と購入して飲んだ口コミ&評価!

1.姿勢を正す

猫背では骨格も悪くなりますし、腹圧に力が入っていないため、腹筋は鍛わりません。

常に姿勢には意識をしています。

例えば、歩行中、通勤電車の中など、小さな意識から腹筋を鍛えることはできます。

デスクワークが多い方は、画面に顔を近づけて作業をしたくなるかもしれませんが、できるだけ姿勢を正し、お腹を凹ますような腹圧を入れて作業をすると効率がいいでしょう。ただし、そこに意識を起きすぎて本業の仕事がおろそかになっては意味がないので、バランスが大切です。

通勤電車で立っている時間なんかは、絶好の腹筋トレーニング時間かと思います。ただ音楽を聴いていてぼーっとしてるのはもったいないです。今日の仕事で何をするかを頭で考え、腹圧にも力を入れることで、一石三鳥の効果を得られるかと思います。

2.食事を正す

私は不動産屋なので、会食や接待等、外食が多いです。一番に意識していることは、一人で食事する時間でいかに悪い物を食べないかです。元々夜に予定がある場合は、それまでに1000カロリーにする等の意識をしています。

以上が私が腹筋を割るために実践している内容になります。