頭皮の血流低下が薄毛の原因?近年解明された薄毛のアルゴリズム

年齢を重ねるたびに、抜け毛や薄毛などに悩む人も多いのではないでしょうか。そこまで行かなくても多くのシニア層は髪が細くなったりハリやコシを失ったりするなど毛髪に関する悩みが尽きません。

薄毛には効果なし?

近年の研究によると、薄毛や抜け毛の原因は、頭皮の血流不足が原因なのです。頭皮の血流が滞ると、髪の毛の成長に必要な栄養素が毛根に行き渡らないというわけです。

また、薄毛に悩む人は頭皮の厚みが減って硬くなっていることも実証されています。頭皮が薄くなると血管も細くなるため、さらに薄毛が進むという悪循環です。また、頭皮が薄くなることで、本来直立していた毛根が、変形してしまい髪の毛が斜めに生えてしまいます。

一般的に人の薄毛や髪質の変化は40歳代から起こります。それは、ホルモンの一種であるエストロゲンが減少するからです。

そんな悩みをどうやって解決したら良いのでしょうか。それは、生活習慣を見直すことです。頭皮の血流を促すために、適度な有酸素運動を行い、良質な睡眠をとり、バランスの良い食事を心がけることが大切です。なお、大量の飲酒は睡眠の質を悪くするので控えましょう。また、喫煙も血管が細くなる原因となり、頭皮の血流を悪くさせるためお勧めできません。