今年の夏 グッバイ右胸!

46年間ともにしたけど乳がんで右側の胸とおさらばした令和となった今年の夏。

毎日よせて、あげてと毎朝大変な作業でした。

http://walatrasehatalami.com/

大きさは2cmと1cm程度と驚くほど大きくありませんがしこりが2つあったため温存は難しく全摘となりました。

胸は女性のシンボルといわれますが、全摘の話を聞いたときショックは特になく自分にとって「命」を守ることが重要と感じたのでむしろ病巣とおさらばできると手術を心待ちにしていたほどでした。

いざ手術をうけて起き上がって鏡の前にたったころ消失感が少~しだけありましたが、わりと平気です。

診察の時点で右を全摘するならバランス悪いからいっそのこと左も全摘してもらって構わないのに、単品なら〇円だけど、セットならお得!みたいにならないかなぁと考えていました。

アンジェリーナジョリーさんのような予防切除は日本では保険適用でないため自己負担で100万円ほどの値段を聞いたときに驚きましたが先日新聞で予防切除も乳がんや子宮がんの場合なら保険適用となる内容の記事をみたとき心の中で小さくガッツポーズをしました。

まだ傷口が完全に消えていないので毎日スポーツブラの状態ですが、いずれはまたブラをすることになるでしょう。そうなればまた片方だけでも「よせて」「あげて」の作業が始まってしまいます。

でも手術すると腕が上がらなくなるので生活が少々不便です。

リハビリはイタイし・・・。

胸の位置が今年一気にさがった気がしてます。

下がり方が早いような。

もし左も全摘すれば スポーツブラ1000円程度で済むのにと考えているこの頃です。