無理なく始める筋トレ&ダイエット

アラフォーに差し掛かり、やはり気になってきたのはお腹回りのぜい肉。鍛神(きたしん)の悪い口コミや悪評

ダイエットせねば!と色々なサイトを見ると、筋肉量を増やした方が脂肪燃焼しやすいとのこと。

なので私は、筋トレと有酸素運動を並行して行うこととしました。

1日のエクササイズメニューは以下の通り。

①膝をつけての腕立て伏せ:30回×3

②腹筋:30回×3

③ワイドグリップ斜め懸垂:30回×3

④スクワット:30回×3

⑤ウォーキング:4km

上記メニューを基本に、2019年12月初旬よりスタート。

食事制限は一切なし。

そして2カ月後の現在、体重5kg減に成功しました。しっかり食事制限をすれば、更に効果が高くなる可能性もあります。

私が成功したコツは、頑張りすぎないこと。

例えば雨の日はウォーキングをしない、腕が筋肉痛の時は腕立て伏せをしない、など、その日の天気や体のコンディションによって、やる・やらないメニューを変えていました。

そしてもうひとつのコツは、先ず3日間だけ続けてみること。

3日間続けてみよう!と小さな目標を立て、それを達成した時の小さな喜びの積み重ねが、結果的に2ヵ月間継続に繋がったのだと思います。

おそらく私が行っている筋トレは締まりの良い筋肉をつけるためのものなので、筋肥大を目的とした方の参考にはならないかも知れません。

皆さんのご参考になれば光栄です。

初めての方でも安心して筋トレを行うためには?

筋トレを行うことをきつく考えてしまうと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にそこまできつく考える必要はありません。筋トレを行う人によって、また筋トレを行うことによってどのような効果を見越したいかと言うことで筋トレの強度や回数、またトレーニング頻度は大きく変わってきます。ですから筋トレ初心者の方が筋トレ経験者と同じように筋トレをこなす必要はありませんし、同じ様な種目や負荷をかける必要はありません。

http://www.hellodevincastro.com/

筋トレ初心者の方がどのようなことを気をつけておきたいかと言うことについてですが、先ほどから述べている通りどのような身体を作り上げたいのかということを、また自分の体力や柔軟性に合ったトレーニングはどのようなものなのかということを考えながら自分のできるトレーニングを考えて行ったり、またプロのトレーナーに考えてもらうということが1番良い方法であると言えるでしょう。

また筋肉を作り上げるためには筋肉の元であるタンパク質を摂取することがとても大事であり、タンパク質等の栄養補給を行うことができなければなかなか良い筋肉はついてきません。ですから筋トレを行う際はプロテイン等に代表されるタンパク質の摂取を行っていくと良いでしょう。

腹筋を割るための日常生活意識

私が不動産の営業マンをしながら、腹筋を割ることに成功した実例を記していきます。

効果あり?鍛神HMBの最安値通販と購入して飲んだ口コミ&評価!

1.姿勢を正す

猫背では骨格も悪くなりますし、腹圧に力が入っていないため、腹筋は鍛わりません。

常に姿勢には意識をしています。

例えば、歩行中、通勤電車の中など、小さな意識から腹筋を鍛えることはできます。

デスクワークが多い方は、画面に顔を近づけて作業をしたくなるかもしれませんが、できるだけ姿勢を正し、お腹を凹ますような腹圧を入れて作業をすると効率がいいでしょう。ただし、そこに意識を起きすぎて本業の仕事がおろそかになっては意味がないので、バランスが大切です。

通勤電車で立っている時間なんかは、絶好の腹筋トレーニング時間かと思います。ただ音楽を聴いていてぼーっとしてるのはもったいないです。今日の仕事で何をするかを頭で考え、腹圧にも力を入れることで、一石三鳥の効果を得られるかと思います。

2.食事を正す

私は不動産屋なので、会食や接待等、外食が多いです。一番に意識していることは、一人で食事する時間でいかに悪い物を食べないかです。元々夜に予定がある場合は、それまでに1000カロリーにする等の意識をしています。

以上が私が腹筋を割るために実践している内容になります。